2006年01月

2006年01月31日

可愛い~

img20060131.jpg


大島部屋の 旭照天です
あまりにも よく似合っていたので カメラに
収めましたにっこりどうです?可愛いですよね~

私は いつも『国君』と呼んでいます
大島親方の 次男です。
親方の息子”と言うプレッシャー、入門して
色々 大変なことも あると思いますが、
そう言う顔は一切しないし ムードメーカー的存在?
とても 気持ちが優しく、気配りのできる国君です。

大阪場所での ご活躍を祈っていますよ~
at 14:54|この記事のURLComments(2)

やっぱり この人!

img20060131.jpg


披露宴で 天鵬が私のところに来てくれました。
初場所で気になっていたことを聞くことに・・・
『天鵬 どこか悪いの?』
『ううん オカン、至って健康や~』

私『朝青龍の一番で 足を痛めたんじゃない?』
天鵬『あれは 土俵で膝をぶつけて一瞬痛かっただけや~』
ホッ!力士はやはり 怪我で土俵生命に関わるだけに
本当に 安心しました。

今回 披露宴に旭弁天が膝の手術をし、松葉杖で
会場に来ていたので ああいう姿は心が痛みます。

大島部屋のみんなが健康で怪我もしないで
ただ 今後のご活躍を祈るのみです。
at 14:47|この記事のURLComments(2)

結婚式にて

img20060131.jpg


ご両親への花束 贈呈の前に お世話になった
親方ご夫妻に 感謝の気持ちを込めて花束贈呈が
ありました。

新郎新婦は 勿論、大島ご夫妻は 弟子と言えばわが息子の
ように 育てて来られたから 色んな気持ちが入り交ざり
嬉し涙を 流されてみえました、それを見て私も貰い泣き
しそうになりました悲しい

私が常に お兄ちゃん”と慕っています大島親方・・・
たくさんのお弟子さんを育て、横綱まで出し、常に
関取のいる部屋!本当にその点はすごい!と思います
それには女将さんのご努力も 並大抵のものではないと
ここまで よく頑張ってこられたなぁと披露宴で
私は なお、その思いが強くなりました。
at 14:10|この記事のURLComments(2)

2006年01月30日

思い切って!

img20060130.jpg

先日 ここにupした旭道山さんとのツーショットは随分以前の
写真でして・・・私の顔が 滅茶苦茶大きく、態度も大きい感じで
なんだか 旭道山さんに申し訳なくて・・・
今回、この機会に旭道山さんに お願いして撮らせて頂きました

旭道山さんとの写真は 本当に少ないのです
それはなぜかと申しますと パーティとか昨日のような結婚式
などで 旭道山さんと写真を撮りたい!と希望される方が殺到・・
私 こう見えましても 案外 のみの心臓なんです

ずっと以前から 旭道山さんに近寄りがたいと言いますと
誤解を生じますが 私の中で道山関は すごく偉大な方だと
思っています。ですから緊張で ドキドキしちゃうのです。
決して 皆さんはそうではないのでしょう、気さくで本当に
気配りのできる道山関ですから・・・
私の尊敬するお一人であります。小さいときから 大変 ご苦労され
ここまで 来るには本当に 大変だったと思います。

曲がったことが大嫌いの 道山関の生き方をもっとも尊敬します。
ですから 弟さんの十両格行司『木村寿行』も 素晴らしい方です
そんな素晴らしい息子さんを育てられたお母様も私は大好きです
at 17:42|この記事のURLComments(2)

おめでとう御座います

img20060130.jpg

行ってきました、昨日 東京へ・・大島部屋の元力士の皿海君の結婚式に!
心から おめでとう~オシアワセニネと ただそれだけ言うだけで胸が一杯です。
勿論、大島親方ご夫妻はじめ、部屋のお相撲さん OBの方、そして
旭道山さんも ご臨席!早速 感謝の気持ちを 旭道山さんにお伝えし、優しく
いいえ、とんでもないっと笑顔で 言ってくださいました音符

ありがたくて ありがたくて 本当に勿体無い気分です。
旭道山さんのスピーチの中で『皿海さんのちゃんこのお陰で私は力付けて
頂いたものです、皿海さんの作ってくれた卵焼きは特に 美味かったなぁ~』と感慨深げに
ご挨拶されました!そうなんです、皿海君はなくてはならない部屋のちゃんこ長として
長年 ご尽力頂き 本当に 何もかも美味しく いつもこれってどうやって味付けしているの?と聞く私・・
でも皿海君のように美味しいものは 作れません。

どんな世界でもそうですが この人がいなくては!と みんなの力の集結で成り立って
います。皿海君のちゃんこの味を今度 受け継ぎ 大島部屋の食事作りを担っていく
後輩の力士の方 大変でしょうが 伝統の味”を 引き継いで行ってくださいね~
at 17:22|この記事のURLComments(2)
記事検索
月別アーカイブ