2010年02月07日

うれしい贈り物


昨日、過去にみかさ旅館にご宿泊して頂いて
いました、木本高校の野球部の皆さんが、
当時監督の松崎先生の奥様の還暦祝いで
金鍋にご予約を頂きました。

松崎先生、全くお変わりがなくいつまでも
お若い、そして奥様も教員をなさっていらっしゃった
ので 実にさばさばされてお二人を見ていまして
本当に素敵なご夫婦だと思います。

還暦祝いをお迎えになられた奥様も 輝いて
いらっしゃる・・・本当におめでとう御座います。

それで当時の野球部員の皆さんが続々とご来店、
大きな立派なランのお花を抱えていらっしゃって
これ、女将さんにと持ってきてくださって、
私は『え?松崎先生の奥様にじゃないのですか?』と
何度も繰り返しましたが 私にって!

201002071425000.jpg

お花 大好きな私は本当にうれしくて・・・

有難う御座いましたm(__)m

当時は金鍋の玄関まで旅館でした。
奥様より家の母にと、紅白のお餅とお赤飯を頂き
母にその旨、伝えました
母は『こんな格好で恥ずかしいかな?会いに行っても
ええか?』と聞くので 『お婆ちゃんが会いたいなら
行ってもええよ』と、ご宴席に母を連れて行きました。

松崎先生と手を取り合って泣きながら『先生~』と
懐かしそうに・・・先生も奥様も母を温かく迎えて
くださいました。
当時の野球部員の方も懐かしそうに振り返られ
『お母さんに あんたらまだ1年生で大変やなぁ
これ食べなととんかつをこっそり、食べさせて
くれたんや』と・・・

母が部屋から出るとき 松崎先生は母の手を取り、
母の部屋まで送ってきてくださり、
『先生 これでもう会えへんかもわからんわ』と
先生は 『何 言うてんの!また会いに来るね』と
優しい口調で母に言ってくださいました。

あの当時は熊野の高校の遠征でみかさ旅館をご利用
頂いていました。
当時の生徒さんも 奥のほうを覗き込み、あそこで
洗濯機を使わせてもらった、あそこが食堂やったな
今はないけどお店のところが僕達の部屋やったと
それぞれに童心に返られたように懐かしそうに仰いました。

父も母も『親切丁寧』をモットーにこのみかさ旅館を
一生懸命支えてくれた、その思いを私も無駄にしたら
いけないと思わされた一日でした。
at 14:31│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ