2010年02月07日

旭天鵬がテレビに出てました。


昨日、中京テレビのうるぐすに 旭天鵬が独占インタビュー
されていましたね。

もちろん、朝青龍のことで・・・

ご存知の通り、旭天鵬はモンゴル力士では初めての関取。
大島親方がモンゴルに行ってスカウトしてきた力士は
6人、私が当時、大島部屋に行ったとき 親方から
6人を親方の部屋に呼び、紹介して貰ったことも今では
本当に懐かしい思い出です。

しかし、昨日も天鵬が話していましたが、
日本とモンゴルではあまりにも文化の違いが大きく
風習ももちろん、大差があります
まさかちょんまげを結って着物を着るなんてことも
驚いたはずです。

旭鷲山が(現 モンゴル国会議員)ジュースの自動販売機の
前でお金を入れて 『ジュースください!』と叫んで
いた話は有名ですよね。そしてモンゴルでは魚が神様と
言われ その神様を食べないといけないと言う食文化の違い。

当時は兄弟子に『日本では大丈夫だから食べなさい』と
言われてもしばらく 口にすることは出来なかったと
天鵬が話してくれました。

津で激励会を10年続けて開催させて頂いたときも女将さんから
『モンゴル力士には 申し訳ないけどハンバーガーでも
いいから準備しておいてくれる?』と仰っていたことも
今では懐かしい思い出です。

そんな辛い思いを 克服して今では日本人でも持ってない
日本魂を天鵬は持つところも多いです
それは昨日 天鵬もしみじみ言ってましたが 横綱
朝青龍の周囲には そのような場面を支えてくれる人に
恵まれなかったのかなぁと寂しげに言ってましたね・・・

『兄貴より先に辞めちゃったよ』と 短いメッセージが
朝青龍からあったと、天鵬。

見えない”絆”で 結ばれていたんですね。

4月の大相撲津場所には 横綱朝青龍の姿は残念ながら
ありませんが、こんなときだからこそ、残った力士が
一丸となって きっと、津場所を盛り上げてくれると思います。

朝青龍関 お疲れ様でした。
at 14:55│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ